スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵なWedding

今月のVOGUEに特集されていた素敵なWedding。
皆様、ご存知かもしれませんが、
心くすぐられる素敵なお二人を少しご紹介させて下さい꒰ू๑͒•౪•๑͒꒱



新婦は、27才のローレン・ブッシュ。アメリカ第41代大統領ジョージ・W・H・ブッシュの孫、
第43代大統領ジョージ・W・ブッシュの姪にあたるブッシュ一族の令嬢です。






そして新郎はあのラルフローレンを父に持つデイヴィッド ローレン。

こちらはご存知世界のラルフローレンの創業者。ラルフローレン氏。
つまりご新郎のお父様。
ラルフローレンの世界観は唯一無二。
誰も敵わない、圧倒的な世界感。
世界中にファンがいるブランドです。



その超セレブリティのお二人の結婚。

2011年の最もセレブなWeddingの一つだったそう。




プロポーズもすっごく素敵なんです!

新郎のデイヴィッドは、交際中にニューヨークのメトリポリタン美術館を借し切り、
美術館に、付き合っている間に2人が撮影した写真を展示したそう。
なにも知らないローレンは感激。
そして、そのたくさんの2人の写真の前でローレンにプロポーズしたそう。


はぁぁぁぁぁ(ɔ ˘⌣˘)˘⌣˘ c)♡
なんとも素敵な演出。
心くすぐられるプロポーズです。
さすがラルフローレンのご子息なだけありセンスがよ過ぎます。



挙式は9月。
新婦のローレンは、新郎の父であるラルフローレン自らがデザインしたヴィクトリア調のデザインのドレスを着用されたそう。
1-1.jpg
ラルフローレン自らのデザイン。
ため息がでちゃいますよね。
素敵過ぎます。
ベールも生地がオーガンジーなのかしら。柔らかい感じで素敵です。



挙式はラルフローレン一族がコロラドに所有する広大な牧場で行われたそう。
祝典は3日間に渡り繰り広げられたそうで、
1日目は、昼の部として招待客がみんなで楽しめるようソフトボールの試合とピクニック。
夕刻にはリハーサル・ディナーが用意されました。

2日目には、ロッキー山脈のふもとに佇む広大な牧場に丸太小屋やアメリカ・インディアン式テントが並べられ、
ウェスタン・ムードたっぷりの挙式が執り行われました。


そして最終日となる3日目には、
ロデオ・ショウを開催し、3日間の祝典を締め括ることになったそうです。



2日目の挙式。
1-3.jpg
馬車に乗って登場するローレン。
まるで何十年も前の結婚式の写真みたいですよね。
胸がキュンとなるほどオシャレで素敵な演出。
1-2.jpg
披露宴ではテックスメックス料理(テキサス州独自のお料理で、メキシコ料理に似ているそう)がふるまわれ、
『大草原の小さな家』を思わせる和やかなパーティだった。
と書いてありました(∘❛ั⌔❛ั∘)



残念ながらパーティの写真は雑誌にもwebにもアップされていませんでしたが、さぞやゴージャスで、オシャレで、素晴らしく素敵なパーティだったことと思います。



スタイルのあるパーティ。
心くすぐられるWeddingを久しぶりに見たので共有させていただきました♡



でも昨年の9月のパーティでしたので今さらだったらごめんなさい!


それではそれでは
良い日曜日を( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーサイト

Hawaii wedding

ずいぶん久しぶりの気が、、、。
ニューヨークダイアリーが無事毎日更新出来て、少しホッとして Hawaiiに入ってからは、だいぶ気が抜けていました、、、。
すみません。

それにしても今更ですが、NY→Hawaiiは遠いです。
10何時間かかったと思うのですが、
もはや途中でわからなくなりました。
今回で2回目だったのですが、遠い遠い。
しかもなぜか国内線ってすっごく寒いですし。
Myブランケットのお陰で寒さはしのげましたが、喉は完全にやられてしまいました(>_<)


でもHawaiiは、、、

やっぱり最高の場所です☆


さて、Hawaii Weddingをトリートでプロデュースする企画があるのですが、
皆さんご興味ありますか?

Hawaiiにいると、日本人のお客がドレスをお召しになられている姿、
よくおみかけしませんか?

私も何日かの滞在でそれはそれはよくご新婦様を見たような。(TREATのお客様にもお会いしました!お声がけいただき一緒にお写真も撮れて嬉しかったです。)




実はトリートにはたくさんの海外挙式のお客様がご来店されます。
年間何百組とご来店されるんです。


その理由は、
「提携のお店になかなか好みのドレスがない」
という理由がほとんどです。


また、ドレスをトリートでお決めいただいても、ドレス以外にも、
「メイクでアドバイスが欲しい」
「ブーケで悩んでいる」
という声もたくさんいただきます。


では、たとえば私達 THE TREAT DRESSINGで、
チャペル
パーティー会場
メイク
ブーケ
ペーパーアイテム
テーブルコーディネート
写真にビデオ
そしてもちろんドレスも。


私たちのイメージのものを、
私たちTHE TREAT DRESSING の世界観の商品を、お客様にご提案してお届けするのはどうなんだろう。
そういう発想に至りました。

きっと、、、、
素敵なHawii Wedding、私達でもっともっと出来そうな気がするんです。




こちらはハレクラニのダイニング横のお庭。

忙しくバタバタ回転する挙式より、
芝生の上で時間に追われない贅沢な挙式。
海が見える1階のオーキッドや2階の
ラ メールでレストランパーティー。


そうそう先日は、THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTOのエナちゃんは、ハレクラニにある「VERA WANGスイート」で挙式とパーティーをされていました。
羨ましい‼



そんな贅沢なパーティー、アットホームで温かなパーティーが皆様のお望みのものと分かっていましたし、
もっと素敵なものに変えたい!
っと思っていたのですが、、、。


なかなか前に進まず…。


そこにたまたまHawaiiでウェディングをしている大切なお友達⁇私のHawaiiのママ、久美ママが力を貸してくれる事になり、話がやっと具体化されていきました!
今回でだいぶ前に進みました。


もちろん打ち合わせは前もって日本で行います。(はじめは東京と関西限定になると思います。)
信頼出来るプランナーが、トリートStyleのWeddingプランをご提案。

そして現地Hawaiiでは、ウェディングを30年近くしている久美ママチームがアテンドしてくれるので安心です!

今からさらに具体的に詰めるので、実際のスタートは来年夏くらいでしょうか。
今から、『TREAT的 Hawaii wedding』のアイテムを1つずつ厳選して選んでいきたいと思います!
撮影もしないとですね。


挙式は、ローカルが使う歴史あるチャペルからガーデン。

会場はホテルにレストランに貸別荘をチョイスする予定。

ペーパーアイテムは仲良しのワキリエちゃんや、インビートのジョーさんにお願いしようと思っています!

フラワーはハワイで信頼出来るShopがあります。

大切なプランナーも、1番お願いしたかった方にOKいただけたし♥

うん、素敵なプランが作れそうです!

来年には本も発売したいと考えています。
TREAT Hawwaii wedding本。
出したいです☆☆☆



またより具体的に話が進みましたら、皆様にご報告しますね。
お楽しみに!


さー、久しぶりの日本、思ったより寒くなくていいですね。
時差ぼけはないですし、お仕事頑張ります‼
最近のダイアリー
月別アーカイブ
カテゴリ
検索
QRコード
QR
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。