スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵なWedding

今月のVOGUEに特集されていた素敵なWedding。
皆様、ご存知かもしれませんが、
心くすぐられる素敵なお二人を少しご紹介させて下さい꒰ू๑͒•౪•๑͒꒱



新婦は、27才のローレン・ブッシュ。アメリカ第41代大統領ジョージ・W・H・ブッシュの孫、
第43代大統領ジョージ・W・ブッシュの姪にあたるブッシュ一族の令嬢です。






そして新郎はあのラルフローレンを父に持つデイヴィッド ローレン。

こちらはご存知世界のラルフローレンの創業者。ラルフローレン氏。
つまりご新郎のお父様。
ラルフローレンの世界観は唯一無二。
誰も敵わない、圧倒的な世界感。
世界中にファンがいるブランドです。



その超セレブリティのお二人の結婚。

2011年の最もセレブなWeddingの一つだったそう。




プロポーズもすっごく素敵なんです!

新郎のデイヴィッドは、交際中にニューヨークのメトリポリタン美術館を借し切り、
美術館に、付き合っている間に2人が撮影した写真を展示したそう。
なにも知らないローレンは感激。
そして、そのたくさんの2人の写真の前でローレンにプロポーズしたそう。


はぁぁぁぁぁ(ɔ ˘⌣˘)˘⌣˘ c)♡
なんとも素敵な演出。
心くすぐられるプロポーズです。
さすがラルフローレンのご子息なだけありセンスがよ過ぎます。



挙式は9月。
新婦のローレンは、新郎の父であるラルフローレン自らがデザインしたヴィクトリア調のデザインのドレスを着用されたそう。
1-1.jpg
ラルフローレン自らのデザイン。
ため息がでちゃいますよね。
素敵過ぎます。
ベールも生地がオーガンジーなのかしら。柔らかい感じで素敵です。



挙式はラルフローレン一族がコロラドに所有する広大な牧場で行われたそう。
祝典は3日間に渡り繰り広げられたそうで、
1日目は、昼の部として招待客がみんなで楽しめるようソフトボールの試合とピクニック。
夕刻にはリハーサル・ディナーが用意されました。

2日目には、ロッキー山脈のふもとに佇む広大な牧場に丸太小屋やアメリカ・インディアン式テントが並べられ、
ウェスタン・ムードたっぷりの挙式が執り行われました。


そして最終日となる3日目には、
ロデオ・ショウを開催し、3日間の祝典を締め括ることになったそうです。



2日目の挙式。
1-3.jpg
馬車に乗って登場するローレン。
まるで何十年も前の結婚式の写真みたいですよね。
胸がキュンとなるほどオシャレで素敵な演出。
1-2.jpg
披露宴ではテックスメックス料理(テキサス州独自のお料理で、メキシコ料理に似ているそう)がふるまわれ、
『大草原の小さな家』を思わせる和やかなパーティだった。
と書いてありました(∘❛ั⌔❛ั∘)



残念ながらパーティの写真は雑誌にもwebにもアップされていませんでしたが、さぞやゴージャスで、オシャレで、素晴らしく素敵なパーティだったことと思います。



スタイルのあるパーティ。
心くすぐられるWeddingを久しぶりに見たので共有させていただきました♡



でも昨年の9月のパーティでしたので今さらだったらごめんなさい!


それではそれでは
良い日曜日を( ´ ▽ ` )ノ
最近のダイアリー
月別アーカイブ
カテゴリ
検索
QRコード
QR
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。