スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paris Days1

今日はヨーロッパ出張4日目。
3日間滞在したロンドンを離れてパリに移動です。
大好きなロンドンにまだまだいたかったので非常に心残りで・・・・寂しいです。

p001.jpg
マンダリンのスタッフは皆さん素晴らしいサービス。
常に笑顔で親切でとても紳士的。さすがイギリス人です。
レセプションの方もドアマンの方も、ポーターさんも仲良くなったのでなんだか寂しいです。
また来年 是非ロンドンコレクションの時に泊まりたいです。

名残惜しいままタクシーでヒースロー空港へ。
p002.jpg
今日はエアフランスは通常通り運行中。
行きの時はストで大変だったので、、、、。
なぜか手荷物にも全てタグをつけられました(笑)初めてです。


機内では 洋平が撮ってくれた先月のニューヨークの写真の整理をしていました。
2000枚近くある写真。
いいのがたくさんあって絞るのが大変。
ニューヨーク、なんだか懐かしいですが、まだ1か月もたってないんですよね。

ロンドンからパリの空の旅、そんなことをしてたらあっという間に到着です。
p003.jpg
着きました!シャルルドゴール空港。
p004.jpg
エッフェル塔のペインティング。
かわいい。
p005.jpg
なんで喜んでいるかといいますと、お天気だからです!
日本ではロンドンもパリも全部雨だったんです。
それが雨が1日も降らないで今日まで来て、パリも雨が降っていなくて。
思わずはしゃいでしまいました。
やっぱり雨だとちょっと気分があがらないですからね。お天気は大切です。



こちら凱旋門のすぐそば、シャンゼリーゼ通りの近くにある「RAFFLES PARIS」
1928年に開業した「ロワイヤル モンソー」が2年間の改装工事を経て、1年前にラッフルズ ホテルとしてリニューアルオープンして、私は今回 初めて行ってきました。
p006-.jpg
ホテルに着いたとき、外観から素敵で、あまりに嬉しくてタクシー降りた瞬間すぐにホテルの前に行ってしまい、支払いを忘れてしまいました・・・・・。
タクシーの運転手さんと、ホテルのドアマンの方に笑われてしまいました。
浩美と洋平と苦笑い。
恥ずかしかったです。


外観から素敵すぎてドキドキしてしまい、(扉に書かれた文字など、どれもかなり可愛いのです)
ドアを開けて中に入ると、もう素敵すぎて、心をくすぐられてしまい、息が出来なくなってしまいました。

バーも本当にかっこいいですし、奥のフレンチも素敵すぎて、その場で予約。
最終日(明日)の夜に最後の思い出に行ってこようと思います。
入口横にあるショップはアートブックを扱うお店。これまたとてもおしゃれです。

こんなに心がくすぐられるなんて、本当に久しぶり。
好き嫌いはあるかもしれませんが、私は大好きというか、恋をしてしまいました。
フィリップ スタルク氏が手掛けたホテル。
本当に本当に、、、、感激しました。



午後からインテリアショップでのアポイントがあったのでクイックランチを。
サンジェルマンデプレにある「LADUREE」の2階の内装に興味があり、視察を兼ねて行ってきました。
p008.jpg
1階で朝食をしたり、お茶をしたことは何度もあるのですが、2階は今回がはじめてです。

フォトフレームや壁の色味などが好きな感じで参考になりました。
グレーの壁や家具などが今の私の好み。
何でもグレーが配色されているものを選んでしまいます。
p009.jpg
それにしてもLADUREEはいつも混んでいます。
私はサンドイッチとハーブサラダをオーダー。
もちろん洋平が食べれなかった分はすべて助けてくれました。



お腹もいっぱいになってお仕事です。
サンジェルマンデプレから少し離れたところにある家具屋さん「MIS EN DEMEURE」へ。
p010.jpg
メゾンドオブジェで一目ぼれしてから 本当によく購入する大好きな家具屋さんです。
p011.jpg
THE TREAT DRESSINGの旧居留地店からのお付き合いなので、旧居留地shopと名古屋shopの家具はここのものがほとんどです。
p012.jpg
家具だけでなく、小物もかわいいのです。
アンティーク風の花器やガラス製品、カトラリーや食器、ランプなど。
たくさんのパリらしいものが揃っています。
名古屋店の小物たちもここでいくつかセレクトしました。
p014-.jpg
新しいお店用にティーカップやコーヒーカップを選定中。
とってもかわいいものもを見つけましたよ♪
p015.jpg
「これ可愛い!」
「お家に欲しい!」っと私。
「ダメですよ。葉子さん、割っちゃうでしょ」
「お家ではなくてお店のを探してくださいよ」っと浩美。
はい。お仕事ですね。
p016-.jpg
真面目にセレクト中。
家具を決めて、木のフレームを選んで、生地を決めて。
武ポンにあっきーとパースを見ながら、相談しながら、頭の中のイメージを伝えて固めていきました。
p017.jpg
新しいお店も広いので、決めるものが山盛りです。
机に椅子に、ソファにレセプションテーブルに・・・・。
選ぶだけではなく、椅子一つにしても、背面と座面の色をそれぞれどうするか。
生地のふちにパイピングを入れるかどうか。
1つのイスにも決めることがたくさん。

組合せして色バランスや全体感を考えながらやるので頭をつかいます。
イメージを働かせて選んでいきます。
なので、、、、けっこう疲れます。。。。

でも失敗が絶対に許されないこと。
真剣に。
かつ慎重に。
武ポンと相談しながら1つ1つ決めていきました。


気づいたら19時。閉店時間です。
何時間いたんでしょう?!
かなり真剣に集中してやっていたのであっという間に19時になってしまいました。

フランス人の皆様は残業はなし。
19時になったら「明日またきて」っという感じ(笑)
私たちと一緒に定員の皆様も自宅へ帰っていきました。
日本ではちょっと考えずらい光景ですよね。

p018.jpg
この方が担当の方。
英語が堪能なので安心です。
私たちのお店の写真を見てとても喜んでくれています
p019.jpg
まだお腹があまりすいていないのでディナーは軽めに。
大好きなクレープ屋さんに行きました。
パリに来たら必ず寄るレストラン。
いつもはすごい並んでいるのですが、少し早い時間だったからか並ばずに席に座れました。
(帰る時は長蛇の列が出来ていました。よかった!)
p020.jpg
私はシンプルなバターだけのクレープが大好き。
ちなみに洋平は3皿?4皿食べていました。
リンゴ酒を飲みながらのクレープがフランスではお決まり。
飲みやすいのでお酒が弱い私も1杯だけいただきました。


タクシーでホテルまで向かう途中に凱旋門が見えてきて、
パリが初めての浩美と洋平は大騒ぎ。
きゃーきゃーって。それはそれは絵にかいたような観光客(笑)

タクシーを途中で降りてお散歩することに。
凱旋門の前で3人で。
家具選びでだいぶ疲れ果てた私ですが、2人の可愛いはしゃぎ具合になんだか私も楽しくなりました。
パリはやっぱり、、、、いいですね。
秋のパリもロンドン同様、とってもロマンチックです。
p022.jpg









最近のダイアリー
月別アーカイブ
カテゴリ
検索
QRコード
QR
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。